「THE HOPE チャーム」製作のお知らせ

2015.02.04

「東松島ステッチガールズ」
〜ザ・ボディショップ2015サクラチャリティプロジェクト〜
 
一般社団法人 東松島みらいとし機構 (宮城県東松島市 代表理事:大滝精一) は2015年1月23日、ザ・ボディショップ(株式会社イオンフォレスト 東京都千代田区 代表取締役社長:福本剛史)の「THE HOPEチャーム」~想いを、未来を紡ぐ、復興支援チャーム~プロジェクトの製作パートナーに選定されました。
 

 
◆背景
ザ・ボディショップは、新たなプロジェクトを開始します。震災以降、毎年2月~4月にかけて実施してきた震災支援活動「サクラチャリティプロジェクト」の活動をさらに広げ、直接被災地に仕事を生み出す支援プログラムを、1年間に拡大して、実施いたします。
 
この未曾有の大震災を決して「風化」させない。そして、災害大国である日本に住む人々の防災意識を高める。このミッションを果たすべく、ザ・ボディショップは一時的な寄付ではなく、被災地地域に仕事を生み、コミュニティをつくること、そして被災地の現状を発信しつづけることに取り組みます。
 
日本で157店舗を展開するザ・ボディショップ全店にて、被災3県、4団体が制作するオリジナルチャームを販売します。チャームの売上は、諸経費と寄付金を差し引き全額が作り手である被災地の製作パートナーの収入に。このチャームに関わるすべての人の想いがつながり、未来への希望の光となりますように・・・
 
一般社団法人 東松島みらいとし機構=東松島ステッチガールズはザ・ボディショップの本取り組みに賛同し、チャームの製作パートナーとして参画致します。
 
150204◆THE HOPEチャームについて
 
THE HOPE チャーム
全3種(COMMUNITY/PEOPLE/PLANET)
各400円(税抜) 432円(税込)
 
ストラップやモバイルクリーナーとして使用できるチャーム。
一つひとつ丁寧に、被災地の女性たちが手縫いをしています。自分用はもちろんのこと、ギフトにもぴったりのアイテムで、贈る人、そして、贈られる人にも活動の輪、そして、笑顔の輪を広げていきます。
第一弾は、「人々、コミュニティ、地球の希望になる」という想いが込められたデザイン。(第二弾は、2015年夏発売予定)
 
①製作期間
2015年2月~3月(予定)
②製作場所
市内ディスカバリーセンター、個人宅
③製作者
東松島ステッチガールズ(2015年2月現在、47名)
④製作個数
1500個~(予定)

©All Rights Reserved. hm-hope.org.